蜂の子に貧血改善効果!蜂の子がどうやって貧血を改善するか漏れなくお伝えします!

蜂の子は貧血に有効

蜂の子に含まれる栄養素が貧血を改善してくれます。
まずは貧血の症状と原因からおさらいします。
貧血は次のような症状があります。

  • 疲れが取れない
  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 体のだるさ

貧血の原因は複数ありますが、原因の7~8割が鉄分の不足です。
鉄分が不足すると、「ヘモグロビン」を作り出すことが困難になります。

ヘモグロビンは、鉄分とたんぱく質でできており、血液の赤血球に含まれています。
ヘモグロビンの役割は、酸素と二酸化炭素の運搬です。
鉄分が不足して、ヘモグロビンの生成量が少なくなると、酸素の運搬が困難になります。

こうして体内の各器官が酸素不足に陥り、貧血の症状があらわれます。
しかし、蜂の子に含まれる豊富な栄養素が、この貧血を改善できます。

蜂の子の栄養素が貧血を改善可能

蜂の子には次のような栄養が含まれています。

  • 鉄分
  • たんぱく質
  • ビタミンC

この蜂の子の3成分が貧血にどう関わっていくのかを詳しくご説明します。

鉄分

貧血の改善には鉄分の不足を補うという対策が有効です。
蜂の子には鉄分が多く含まれているため、貧血の改善策として優秀な存在といえるのです。
例として、ほうれん草は、鉄分の補充に良いと言われることが多く、100g中に鉄分が0.9mg含まれています。
しかし、蜂の子100g中に鉄分が1.29mg含まれています。

蜂の子はほうれん草と比べて多くの鉄分が含まれているといえます。
つまり、蜂の子の摂取が貧血時の鉄分の補充に適しているのです。

たんぱく質

蜂の子にはたんぱく質が多く含まれており、ヘモグロビン増加をサポートします。
ヘモグロビンは鉄分だけではなく、たんぱく質と合わせて作られています。
たんぱく質も鉄分同様に、ヘモグロビンの材料です。

蜂の子に含まれているたんぱく質の量は100g中9.4gです。
比較的たんぱく質が豊富に含まれている傾向があります。
蜂の子の豊富なたんぱく質によって、蜂の子は、鉄分が多く含まれているという特徴と合わせて、貧血を対策できる食材といえるでしょう。

ビタミンC

蜂の子にはビタミンCが含まれており、ヘモグロビンの生成を促します。

蜂の子のビタミンC含有量は100g中3.8mgです。
ビタミンCはヘモグロビンの材料となる鉄分の吸収率を向上させる作用があります。
国際生物科学雑誌で公開された日本の研究チームの研究成果では、ビタミンCが鉄分の吸収率を向上させるしくみが原子レベルで解明されています。
このように、ビタミンCの摂取が鉄分の吸収率を高めることが証明されています。
ビタミンCが鉄分を吸収しやすくすることで、ヘモグロビン生成を促すことができます。

貧血を改善するには、蜂の子が最適です。
蜂の子には、材料となる鉄分とたんぱく質を含まれているほか、鉄分が吸収しやすくなるビタミンCも含まれています。
蜂の子は貧血に有効な栄養素が3つも含まれているのです。

まとめ

貧血は、血液中で酸素を運ぶヘモグロビンの材料不足が大元の原因です。
蜂の子はただヘモグロビンの材料である鉄分を補うだけではなく、たんぱく質やビタミンCによるサポートも得られます。
貧血改善のためには、蜂の子がおすすめです。

参考文献
蜂の子で貧血改善
http://www.rotary5030.org/kent/index.html